カテゴリー
未分類

楽しい就活の落とし穴

23年卒の就職試験が佳境を迎えていますね。

3月から始まり、まだ2か月も経過していない中で、早すぎると感じる方も多いでしょうが、4月1日時点で内定率38.1%だそうですhttps://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/syukatsu/syukatsu907/(参照 NHK大学生とつくる就活応援ニュースゼミ)

4年生の4月時点で内定を取得できるということは、おそらく3年生の夏ごろから、インターンシップなどに参加し就活を既に進めていたのでしょう。こういった「情報の収集と動きの早い学生」は得てして内定を早期に勝ち取り就活の終わりを早々に宣言できる、いわば就活優等生です。

ただし、必ずしも良い結果であると、手放しで喜んでばかりではいられません。

私のところにも、「選択を早まったかも・・・」と後悔している学生も少なくありません。そんな声を聞くのは、彼らが就職して3年以内。あるいは半年後には、音を上げてしまいます。

最近では、就活における勝ちパターンのように、インターンシップへの参加が促されていますが、参加するだけで満足していまう傾向が多いようです。

なぜなら企業側の対応も、学生満足度を高める要素が多く、自己分析など就活アドバイスや社員と学生との人間関係の構築のための座談会など、インターンシップに参加した学生は、仕事理解よりも職場の人間関係理解が深まる内容が多いようです。

決してそれらを非難するつもりもありません。むしろ中小企業としては、その企業を知ってもらうための最初の入り口として、あってもおかしくありません。

私が学生に伝えたいことは、

みなさんは働い事がないからこそ、仕事内容を勉強しよう!

です。

企業側は、良くも悪くも学生さんに自社を好きになってもらおうと努力しています。

人間関係を構築すること自体は素晴らしいことです。その後も働きやすいと期待できます。

一方で、私たちは「職に就く」のです。つまり就職です。友達を作りにいくわけではありません。冷たい言い方かもしれませんが、職場の人との人間関係は、仕事をする上での手段です。もちろん、職場に仲の良い人がいることは、仕事自体の満足度を高めますので、必要です。

Photo by Helena Lopes on Pexels.com

職場の人間関係だけではなく、それと同じくらいの熱量で自分が来年からする仕事を探してみましょう。

そのために、仕事の研究を進めましょう。

次回は「仕事研究」についてお話します。

カテゴリー
未分類

新卒採用担当者研修を終えて

新卒採用における自社PRの基礎研修の依頼をいただき、さきほどまで研修講師をやってました。

普段からこのテーマで伝えることは多いのですが、やっぱり採用活動おもしろいなー。という感情が涌き出てきますね!

特に感じたことをひとつ挙げると、

「採用担当者自身が、伝え方を難しくしてしまっている」ことでしょうか。

どの採用担当者様も、自社の魅力に探し、気づいていらっしゃいます。

間違っていることがあるとすれば、その魅力=武器の使い方だと思います。

言葉に限らず、写真や動画などの視覚的な資料も用意されています。

一方で働いたことがない学生にとって、同じ理解力で、言葉を受け止めることは容易ではありません。

見せ方の工夫、あるいは見せる資料を相手レベルに合わせて変えていかなければ、受け取ってもらえません。

私自身の戒めとしても、改めて伝え方の難しさを意識して、情報提供していかないと!

岡山でもコロナ増えてきましたね。

体調管理きをつけましょう。

カテゴリー
未分類

2022年 今年の目標

明けましておめでとうございます。

本日より2022年の仕事初めです。

今年は就職相談・指導の時間を昨年の1.5倍にできるように取り組みたいと思います。

具体的には年間750時間!

月に62.5時間!!

1日あたり2~3人の面談を設けることになります。

これまで以上に時間の使い方を意識しなければ、達成できそうもありません。

僕が人の役にたてるのは、これが一番だと、昨年の仕事を通して感じられたことです。

今の請け負い先以外からも、接点を作ったり、宣伝したりと、面談以前にやること多くて泣きそうです(^o^;)

一人でも多くの人の、より良い仕事に関われるように、今年一年を、自分で良い年にします!

ちなみに今年は、前厄にあたる年だそうです。(お祓いもしました)

働き盛りの年みたいですね!

さあ、今日からまたがんばります!

カテゴリー
未分類

赤磐市の採用セミナーに登壇します

明日、11月19日に岡山県赤磐市主催の「採用力アップセミナー」に登壇させてもらいます。

オンライン採用が普及しているとは言え、まだまだ不慣れな企業様も多いようですので、オンラインでもオフラインでも、効果的に自社の魅力をPRできるようにレクチャーさせてもらいます。

オンラインがうまくいかない気がする理由

オンラインでも聞いてもらうコツ

PRポイントの見つけ方

などなど

採用経験とWEBセミナー講師の経験を存分にいかしたいと思います!

新しいことにチャレンジさせてもらえてうれしい限りです!

私自身楽しみにしています。

カテゴリー
未分類

3期目スタート

独立記念日を迎え、気持ちは高くありながらも、仕事はいつも通りに取り組んでます。

お祝いしてもらったり、励ましの声もいただいて、嬉しい限りです!

さて、言い訳ばかりで、ブログの更新をサボってきるので、けじめの時くらい書きます。

2年目を振り替えると、①キャリア相談と就職相談が飛躍的に増え、また②社会復帰支援という新たな役割も担えるようになった、さらに③研修やイベント企画の仕事いただけるようになりました。

具体的には、

①キャリア相談と就職指導について、初年度は時間にして約200時間程度でしたが、2年目は倍以上の約450時間(細かいの入れたらもっとあるかな)

②社会復帰支援は刑務所です。守秘義務もあるので、詳しくは書けませんが、こちらでも出所前に就職先決定のサポートができましたので、難しさを感じながらも、充実しています。

③研修はエージェントさん経由がほとんどではありますが、一度できたら二度、三度と増やしてもらえてます。地方新聞社のイベント企画にも携わり、自分にもできるんだ!と手応え感じました。

最後に、主催イベントのRecRootsも継続しており、自分で活躍の場を作り出せている実感も得られました。

まあ、とは言え、めっちゃ儲かった!わけではないので、脱サラ前に戻ったくらい。

一人でやることの苦痛と、それを望んでやっていることに、対する快感と両方をしっかり味わってます!

締めくくりに。

一人でやってるとは書きましたが、決してひとりではなく、一緒に仕事するパートナーや注文をしてくれる方々。そして家族と。

周りを見渡せば、必ず誰かいてくれます。

会社員の時も仲間はいましたよ。でも、それ以上に幅広く、深く仲が築けている感じです。

3年目は、個人契約を結んでいきたい。

今は正直、9:1くらい

より責任を持って、より自分らしく働くために。

Waymarkers

カテゴリー
未分類

面接指導は一緒にがんばった結果

岡山市事務職を受験した Lさんからも合格の一報をもらいました。

Lさんは昨年も受験してましたが、どこからも内定がもらえず、一年間苦しい思いをしながら、乗り越えてきました。

勉強に時間を費やしたことはもちろんですが、自己分析やプレゼン練習にも時間を掛けました。

努力を重ねた結果だね!ほんとによくがんばった!

彼からは、「先生のお陰で」と言ってもらい、感謝に感謝をお返ししましたが、僕は、一緒にがんばったと思ってました。

僕には、公務員試験を受けた経験もなく、公務員として活躍できる人材はどんな人か、未だに模索してます。

Lさんに限らず、彼らみんなは、お陰様でと言ってくれますが、僕もみんなががんばるから、「この人には何が必要か?」って考えて、一緒に目標までたどり着くことができたんだと思う。

みんなと同じように、僕も成長している。みんなのお陰だ!!

ありがとうございます。

カテゴリー
未分類

感謝されることに感謝する

先日に続き、公務員試験の内定の報告をもらいました。

大分県庁 事務職の合格したと、Kさんからの一報。

第一志望ということもあり、お互い嬉しくなりました。

今年は、人伝えに聞くのではなく、わざわざ報せに来てくれる方が多く(決して望んでるわけではないのですが)、彼らとの関係作りができたことに、手応えを感じました。

僕にとっては、個人相談と指導を生業としている以上、関係性づくりはマストであり、望みでもあります。

ありきたりな考えですが、自分の仕事に感謝されることで、仕事をして良かったと思えますし、モチベーションも上がります。

僕は、指導するなかで、彼らのモチベーションを、高める役目も担っていますが、実は、僕自身も彼らにモチベーションを高めてもらっていることに、改めて気づかされます。

彼らから、「ありがとうございました」と感謝される一方で、わざわざ伝えに来てくれたことに、有難いと感謝の気持ちが込み上げてきます。

まさに、有難い。決して当たり前ではないと思えるからこそ、自分のモチベーションに影響があるのだと思います。

次は高校生の番です。一緒にがんばろう!

カテゴリー
未分類

就活対策は社会人と話せ!!

RecRootsという就活サポートを始めて、一年経ちます。

23卒学生さんからの問い合わせや参加も徐々に増えてきて、

ホント、ありがたい限りです( ;∀;)

YouTubeでRecRootsの活動やイベント告知を紹介しています。

RecRootsチャンネル

動画の中でも話しているんですが、就活の対策で大事なことは、普段から大人(社会人)と話す機会をつくることが、人よりも一歩、二歩リードするのに必要なことだと思う。

特に、僕がいる岡山の学生さんは、就職を見据えて、社会人と積極的に関わる学生が多くはない。

家族や学校の先生、アルバイト先の店長とか。限られた大人とだけでは成長しにくい。せめてアルバイト先の大人と話すことはやっていてほしい。

自分から社会人コミュニティを広げていける人は、いい意味で学生とは思えないくらい面白いし、何より、社会人である我々大人が話しやすい!

Photo by Fox on Pexels.com

そういう「話せる」

学生は、甘えみたいなのがない。

基本的に自分から動く。主体性があるってこと。

学生に普段から大人と話せというのは難しいのかもしれない。大人ですら、大人同士で人間関係を広めていく努力は大変だから。

RecRootsは就活生向けの勉強会。

そこに、RecRootsメンバー三人が登場。

月に2回、定期的に大人であり、第三者からフィードバックをもらいながら、「自分の視野を広げ」、「自分の考えを深める」チャンスを自分でつくってほしい。

お申し込みLINEで。

カテゴリー
未分類

新しいスタートラインに立った人たち

僕のところに来る方は、就職試験を控えている方です。

自己理解のため、キャリア相談のため、面接練習のため、コミュニケーションが苦手でトレーニングのため。などなど。

今回は、そんなトレーニングを頑張って、合格したことに、新たなスタートを切ることに「おめでとう!!」と改めて伝えたいため、書き記します。

倉敷市事務職に合格したAさん
計10時間、自己理解を深め、自分の伝えたいことを、わかりやすく伝えられるように話す練習を繰り返してきました。魅力がたくさん伝わりました。がんばった!!がんばろう^^

同じく倉敷市事務職 Bさん
後がない!と何度も伝える練習を繰り返し、どんな質問にも柔軟に対応ができるよう練習してきた。覚悟が伝わったよ!よくがんばった!がんばろう^^

同じく倉敷市事務職 Cさん
実力も経験もあるのに、誰よりも準備を重ねて、自信を持てたかな!本当によく頑張った!がんばろう^^

倉敷市消防 Dさん
高い倍率にビビらず、どんな質問でも答えられるよう、考えを深めてきたからだ!救助活動の姿が想像できるぞ!がんばった!がんばろう^^

国税専門官 Eさん
昨年、どの試験にも失敗して、今年こそと決めていた!第一志望という熱い気持ちが届いたんだろうね!!よくやった!!がんばろう^^

国家一般職運輸局 Fさん
民間就職の経験を経て、苦しい期間が長かったけど、努力が報われたね!一緒に頑張れてよかったよ!がんばった!がんばろう^^

兵庫県西脇市 Gさん
仕事しながら、試験勉強は大変でしたね!自分が納得できるまで、伝えたいことをまとめたことが良かったね!がんばった!がんばろう^^

岡山県総社市消防 Hさん
とにかく自分の正直な気持ちを大切にしてました。一生懸命さが相手にも伝わったね!!練習中も伝わりました。よくやった!がんばろう^^

岡山県警察 Iさん
プレッシャーを押しのけて、最後の面接も乗り越えた!第一志望という熱い気持ちで勝ち取りましたね!!がんばった!がんばろう^^

高知県高知市消防 Jさん
うまく喋れないことからスタートして、心配だったね。細かい指導ばかりだったけど、きちんとやってくれたから、喋れるようになったんだよ!熱い気持ちが伝わってよかった!がんばった!がんばろう^^

どんな仕事でも、就いた仕事を好きになる努力をしてください。皆さんの活躍を陰ながら応援しています(^O^)

カテゴリー
未分類

この仕事が一番面白い!

公務員採用試験の人物試験(面接)指導を公務員予備校でやらせてもらっています。

初めて1年経ちましたが、ようやく民間との試験の違いにも慣れました。

その中、今年は春ごろから支援を継続してきたせいもあり、合格者が多く出てきました。

国家一般農政局、国税専門官、岡山県警、兵庫県西脇市、高知市消防などなど。まだこれから合否が出るところが多いので、まだ増えそうですね。

正直、自分がどこかを受けるよりも緊張感があり、合格の報告の際は飛び跳ねて、不合格の際はかける言葉を失ってしまい。。。

最近こんな感じで、毎回心臓が飛び出そう・・・

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

この仕事を始める前は、力になれるか心配な点が多かったけれど、毎回相談に来てくれているところから、結果的に彼らの支えになっているのかと思います。

様々な仕事をいただいている立場なので、明言は避けるべきかもしれませんが、それでも、この就職に関わる「面接の指導」が一番やりがいを感じてます。

なぜか?

個人の成長が一番間近で見られて、それが面白いから。

面接指導していると人に言ったら、「マニュアル的な回答が多くなるよね」と言われます。

僕は、「この質問に対しては〇〇と言いなさい」的な指導がしたいわけではないです。旧時代的なやりかたは、その場しのぎで、将来的になんの意味ももたないとわかってます。

志望理由にしても、長所短所にしても、何が一番いいたいのか?その人が言いたいことを、自信をもって言わせてあげることが仕事だと思います。

そのためには、「そもそも何が言いたいのか」を見つけるところからスタートします。

面接は、答えなき問題に立ち向かうこと。

どうしても答えをほしがる子は多いです。それまで答えありきの勉強だったからだと思う。

面接質問は、自分で考えたことが答えなので、いかに自分の答えに自信を持てるかが鍵。

自信をもってもらうためには、1on1指導が一番効果的。

非効率だけど、これが一番面白い仕事だと、自信をもって言えます。

まだまだこれからの方たちもいるので、引き続き一緒に頑張ろう!