カテゴリー
未分類

楽しい就活の落とし穴

23年卒の就職試験が佳境を迎えていますね。

3月から始まり、まだ2か月も経過していない中で、早すぎると感じる方も多いでしょうが、4月1日時点で内定率38.1%だそうですhttps://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/syukatsu/syukatsu907/(参照 NHK大学生とつくる就活応援ニュースゼミ)

4年生の4月時点で内定を取得できるということは、おそらく3年生の夏ごろから、インターンシップなどに参加し就活を既に進めていたのでしょう。こういった「情報の収集と動きの早い学生」は得てして内定を早期に勝ち取り就活の終わりを早々に宣言できる、いわば就活優等生です。

ただし、必ずしも良い結果であると、手放しで喜んでばかりではいられません。

私のところにも、「選択を早まったかも・・・」と後悔している学生も少なくありません。そんな声を聞くのは、彼らが就職して3年以内。あるいは半年後には、音を上げてしまいます。

最近では、就活における勝ちパターンのように、インターンシップへの参加が促されていますが、参加するだけで満足していまう傾向が多いようです。

なぜなら企業側の対応も、学生満足度を高める要素が多く、自己分析など就活アドバイスや社員と学生との人間関係の構築のための座談会など、インターンシップに参加した学生は、仕事理解よりも職場の人間関係理解が深まる内容が多いようです。

決してそれらを非難するつもりもありません。むしろ中小企業としては、その企業を知ってもらうための最初の入り口として、あってもおかしくありません。

私が学生に伝えたいことは、

みなさんは働い事がないからこそ、仕事内容を勉強しよう!

です。

企業側は、良くも悪くも学生さんに自社を好きになってもらおうと努力しています。

人間関係を構築すること自体は素晴らしいことです。その後も働きやすいと期待できます。

一方で、私たちは「職に就く」のです。つまり就職です。友達を作りにいくわけではありません。冷たい言い方かもしれませんが、職場の人との人間関係は、仕事をする上での手段です。もちろん、職場に仲の良い人がいることは、仕事自体の満足度を高めますので、必要です。

Photo by Helena Lopes on Pexels.com

職場の人間関係だけではなく、それと同じくらいの熱量で自分が来年からする仕事を探してみましょう。

そのために、仕事の研究を進めましょう。

次回は「仕事研究」についてお話します。

カテゴリー
未分類

就活対策は社会人と話せ!!

RecRootsという就活サポートを始めて、一年経ちます。

23卒学生さんからの問い合わせや参加も徐々に増えてきて、

ホント、ありがたい限りです( ;∀;)

YouTubeでRecRootsの活動やイベント告知を紹介しています。

RecRootsチャンネル

動画の中でも話しているんですが、就活の対策で大事なことは、普段から大人(社会人)と話す機会をつくることが、人よりも一歩、二歩リードするのに必要なことだと思う。

特に、僕がいる岡山の学生さんは、就職を見据えて、社会人と積極的に関わる学生が多くはない。

家族や学校の先生、アルバイト先の店長とか。限られた大人とだけでは成長しにくい。せめてアルバイト先の大人と話すことはやっていてほしい。

自分から社会人コミュニティを広げていける人は、いい意味で学生とは思えないくらい面白いし、何より、社会人である我々大人が話しやすい!

Photo by Fox on Pexels.com

そういう「話せる」

学生は、甘えみたいなのがない。

基本的に自分から動く。主体性があるってこと。

学生に普段から大人と話せというのは難しいのかもしれない。大人ですら、大人同士で人間関係を広めていく努力は大変だから。

RecRootsは就活生向けの勉強会。

そこに、RecRootsメンバー三人が登場。

月に2回、定期的に大人であり、第三者からフィードバックをもらいながら、「自分の視野を広げ」、「自分の考えを深める」チャンスを自分でつくってほしい。

お申し込みLINEで。

カテゴリー
未分類

僕が就活生の親を支援する理由

現在の就活市場では、「親確(オヤカク)」なんて言葉があり、親への確認と承諾を経ず、その学生の内定承諾はあり得ないといった声があり、大小問わず企業から「親の子供に対する就活意見」は良くも悪くも重要視されています。

僕は、親が子供の就職に対して意見を言うことは間違ってはないと考えています。

これは新卒の採用をしていた頃に遡りますが、6~7年前の当時も内定学生の辞退理由に「親が反対するので」という声は少なくありませんでした。

もちろん学生が、内定を断るためのいい”理由”にしていたことも事実だと思いますし、その学生にも親にも、その会社に魅力がなかったとも思います。

それらを踏まえても、知名度の低い中小企業にとって、親の意見は死活問題です。

世の中的には「親が子供の就職に口を出すなんて」、「子供と言ってももう大人なんだから」など親の意見に反対する声もあります。

しかし、当の家族にとっては重要な問題であることは間違いありません。子供の納得度はどうあれ、親の意見で内定辞退するというのは家族間での話し合いの結果です。

一方で見失ってはいけないことは、親と子供の双方が納得しているかということです。

子供の就職は、社会人の仲間になることを意味します。つまり我が子が自分たち親と同じ立場になります。

私たち大人は、すでに社会で何らかの仕事をしています。(ここでの仕事は職業としての仕事だけではなく、家事や育児、地域活動なども含みます)

当然ながら、それらの経験の中で、自分の考えを蔑ろにされたり、相手にされなかったりとネガティブな出来事もあったと思います。そんな経験を乗り越え、今の自分になっていると思います。

また反対に自分を認めてもらえた時の喜びは忘れられない経験でもあります。

僕は、就活生の親御さんに対して支援をしたいと考える理由は2つあります、

ひとつめは、社会的通念「親が子供の就職にまで口を出すべきではない」と考え、意見をしたくても、できずにいる親御さんに、適切な就活サポート方法を身に着けてもらいたいと思うからです。

ふたつめは、我が子を思うあまり、つい口を出してしまっている親御さんに対しても適切な就活サポートを身に着けてもらいたいからです。

多くの場合、自分の時とは異なる就職活動事情だとは分かっていても、親の経験上の就活アドバイスをしてしまいがちです。

ダメではありませんが、親御さんには社会人を経験しているというもっと価値のあるアドバイス方法があります。

今後、不定期ではありますが、親御さんに向けた就活セミナーを計画しています。

家庭でもできる、いえ、家庭内だからこそできる、我が子に寄り添った就職活動のサポートをお伝えします。

1月30日(土)13時~15時まで(オンライン)で行いますのでご興味があれば、お気軽にご参加ください。

参加は無料です。ご希望者には、後日改めて個別相談も受けたまっわります。

セミナーのお申し込みはこちら

就活生のお父さんお母さんのための「家庭でできる就活サポート」セミナー

ご参加お待ちしています。皆さんの声をお聞かせください。